コラム

センスがいい人になる方法って?インテリアの選び方からセンスを磨く方法までご紹介!

2024.01.27

インテリアに新たな息吹をもたらすことへの関心が高まる中、自宅の空間をセンス良く、快適に演出する方法についての知識は、多くの初心者や中級者にとって価値あるものとなります。
本記事では、シンプルでありながら効果的なインテリアのポイントを探求し、読者が自分の部屋を理想的な空間へと変貌させるための実践的なアイデアを紹介します。

□センスがいい人が部屋作りで基本にする4つのこと

1.すっきりとしたシンプルな空間に整える

センス良いインテリアの秘訣は、まず「すっきりとしたシンプルな空間」を作ることにあります。
多くの人は物を減らすことの難しさを感じるかもしれませんが、要らない物を減らすことで、空間に余白が生まれます。
本当に必要なもの、心を動かすものだけを選び、それ以外は思い切って手放しましょう。

2.生活感の出る場所は「見えても素敵なモノ」にこだわる

キッチンや洗面所など、日々の生活感が色濃く出やすい場所でも、デザインにこだわることで、空間は一変します。
生活感があふれる場所だからこそ、見える物は「デザイン性」にこだわるべきです。
白を基調としたデザインは、清潔感を演出すると同時に、定期的な清掃を促す効果もあり、キッチンや洗面所をいつも美しく保つ秘訣となります。

3.部屋に取り入れる色は3色以内に

色の使い方は、部屋の印象を大きく左右します。
多色を使うと賑やかな印象になる一方で、センス良くまとめるのは難しくなります。

一方、色数を3色以内に絞ることで、統一感のある洗練された空間が生まれます。
ベースとなる色を選び、アクセントカラーとして1〜2色を加えることで、部屋全体にリズムと深みが生まれます。
例えば、ベージュ、白、ライトグレーを基調とすることで、部屋は明るく爽やかな印象に。
色を制限することで、逆に創造性が刺激され、より洗練された空間デザインが可能になります。

4.アートやインテリア小物で彩る

最後に、アートやインテリア小物による装飾は、部屋に個性と魅力を加えます。
アート作品やポスター、花瓶に生けられたグリーンなどを配置することで、部屋には暖かみと生命感がもたらされます。
ここで重要なのは、部屋のカラースキームに合わせたアイテムの選択。

例えば、部屋のメインカラーに合った色のアートや小物を選ぶことで、全体の統一感が保たれ、部屋全体が一つの作品のような印象を与えます。
また、季節に合わせて小物を変えることで、部屋の雰囲気をリフレッシュできます。

□より空間にこだわりたい方におすすめのインテリアのポイント

1.ディスプレイのコツ

ディスプレイにおける三角形の原則は、部屋に動きとバランスをもたらします。
異なる高さや大きさのアイテムを三角形に配置することで、空間に深みとリズムが生まれます。
例えば、花瓶、フォトフレーム、お気に入りの小物を選び、絶妙なバランスで並べることで、部屋が一層魅力的になります。

2.照明の魅力

照明は単なる明るさの提供者ではなく、部屋の雰囲気を創り出す重要な要素です。
シーリングライトに頼りがちな空間に、ペンダントライトや間接照明を取り入れることで、空間の質感や層が生まれ、より洗練された雰囲気を演出できます。
ダイニングやリビングに吊り下げ型のペンダントライトを取り入れると、光と影の美しいコントラストが生まれ、特別感のある空間になります。
電球の色選びも大切で、部屋の用途や雰囲気に合わせて、暖色系や白色系を選ぶことで、空間の印象が大きく変わります。

3.家具の配置

家具の配置は、部屋の機能性と美観を左右する重要な要素です。
特にテレビやソファの位置は、リビングの中心的な要素として重要です。
テレビを入り口から見えにくい位置に配置することで、部屋のフォーカルポイントを自由に設定でき、より計画的な空間デザインが可能になります。

また、背の低い家具を部屋の奥に配置することで、視覚的な広がりと奥行きを演出し、部屋を広く感じさせることができます。
家具一つ一つの位置や方向に気を配ることで、空間はより機能的で美しいものに変わります。

□インテリアのセンスがいい人になる3つのステップ

1.インテリア写真でイメージを広げる

さまざまなインテリアの写真を見ることは、自分のセンスを磨く上で非常に効果的です。
インテリア雑誌やウェブサイト、SNSを通じて、多様なデザインを探求し、自分の好みや部屋に合うスタイルを発見しましょう。

2.基本的なインテリア知識を身につける

センス良い部屋作りは、基本的なコーディネートルールやテクニックの理解から始まります。
入門書やセミナーを通じて、色彩コーディネートやスペースの活用方法などの基礎知識を身に着けることが、センスの向上につながります。

3.インテリアショップを巡る

実際のインテリアショップを訪れて、家具や雑貨、照明などを直接見ることも大切です。
店頭のディスプレイからインスピレーションを得て、自宅のインテリアに取り入れるアイデアが生まれるかもしれません。

□まとめ

この記事では、「センスの良い部屋作りの基本」として、シンプルながら効果的なデザインの重要性、生活感の出る場所の工夫、色の選び方、そしてインテリアのセンスを磨くための具体的な方法を紹介しました。
これらのポイントを意識することで、読者は自分の住空間をよりセンス良く、快適に演出できるでしょう。
インテリアに興味を持つ方にとって、この記事が理想的な空間作りの一助となれば幸いです。

その他のコラム

インテリアで紫を取り入れる秘訣:ラグジュアリーな空間の作り方

紫のインテリアデザインは、その独特の魅力で多くの人を魅了しています。 ラグジュアリーでエレガントな空間を演出したいと考える方々にとって、紫は特別な色です。 この記事では、紫を用いたインテリ…

一人暮らしのインテリアコーディネート:自分だけのおしゃれ空間を作る秘訣

自己表現を重視し、快適かつ個性的な空間を求める若い一人暮らしの居住者に向けて、インテリアの魅力と可能性を広げるためのガイドをお届けします。 限られた空間を最大限に活用し、自分らしいスタイルでイ…

チークの床で創る話題のおしゃれ空間:コーディネート術とインテリア選びのポイント!

インテリアにこだわり、おしゃれな空間作りを求める人向けに、チークの床を活かしたインテリアのコーディネート方法についてお話しします。 チークの床は、その耐久性と美しさで知られ、リビングや寝室など…

理想を形に!注文住宅のインテリア選びのためのステップとコツ

新築注文住宅において、最も個性が光るのはインテリアの選択です。 自宅という特別な空間を、どのように装飾し、どのように機能的にするかは、住む人の個性や創造性を映し出す大事な決断です。 今回は…

制作のご相談やご依頼はこちら

一流のインテリアコーディネーターが、
44,000円からコーディネートを受け持ちます。