コラム

英国風インテリアで部屋をおしゃれに!特徴やインテリアの選び方をご紹介!

2024.01.17

イギリスの伝統と現代のテイストを融合させた独自のインテリアスタイル。
イギリス風インテリアは、その独特な魅力と細部にわたるこだわりで、家をより上品で歴史的な雰囲気に変える力を持っています。

本記事では、イギリス風インテリアの特徴と、それを自宅で再現するための具体的なアドバイスを紹介します。
目指すは、伝統と現代が調和した、個性溢れる空間。
では、その魅力に迫ってみましょう。

□英国風インテリアの特徴って?

イギリス風インテリアは、その豊かな歴史と独特の美学に根ざしています。
このスタイルの中心にあるのは、アンティークとモダンが見事に融合した空間の創造です。

1:アンティークとモダンの掛け合わせ

イギリスでは、古いものを大切にし、新旧のものが共存する文化が息づいています。
家具や装飾品は、長い歴史を感じさせるアンティーク品と現代的な要素が混ざり合い、時間を超えた美しさを創り出しています。
これは、伝統を重んじながらも現代の生活に対応する英国人の洗練されたセンスの表れです。

2:色や柄のある壁

イギリスの住宅では、壁に個性を出すことが一般的です。
くすんだピンクやブルーなどの独特な色合いや、ウィリアム・モリスの花鳥風月をモチーフにした壁紙は、クラシックな家具との相性が抜群で、英国らしい品のある雰囲気を演出します。
これらの壁装飾は、部屋に深みと歴史的な風格を与える重要な要素です。

3:マントルピースと猫足バスタブ

イギリスの家庭では、マントルピースや猫足バスタブが一般的なインテリアの一部です。
マントルピースは暖炉を囲む装飾的な壁面で、家族の写真や記念品を展示する場所として用いられます。
猫足バスタブは、そのエレガントな形状でバスルームに特別な雰囲気をもたらします。
これらの要素は、英国風インテリアにおいて欠かせないクラシカルな美しさを表現しています。

4:フレーム絵画の飾り方

イギリスの家では、フレームに入れたさまざまな絵画を壁に飾ることが一般的です。
これらは単に装飾品としての役割にとどまらず、部屋全体の雰囲気を引き締め、英国風の品格を高めます。
絵画の配置は、部屋の雰囲気や家具の配置を考慮し、バランス良く行われます。
これにより、伝統的かつモダンな感覚が見事に融合した、ユニークな空間が生まれるのです。

□英国風の部屋作りのポイント

イギリス風インテリアを取り入れる際、その核となるのは色、柄、素材の選び方です。
これらの要素を上手く組み合わせることで、部屋は英国風の洗練された空間へと生まれ変わります。

1:カラー・配色

イギリス風インテリアで重要なのは、時間が経過したような味わいと重厚感を表現する色選びです。
くすんだ赤、黄色、オレンジ、緑、青などが好まれます。
特にロイヤルブルーは、格式高さを演出するのに最適な色です。
また、モダンブリティッシュスタイルでは白やグレー、ベージュ、水色などの淡い色が推奨されます。

2:柄の取り入れ方

ブリティッシュスタイルでは、重厚感のある植物柄やダマスク柄、暖かみのあるチェック柄などが人気です。
ただし、日本の住宅では天井が低いことが多いため、強い柄の壁紙は部屋を狭く見せがちです。
そこで、柄の色を淡い色にするか、壁の一部にのみ取り入れることがおすすめです。

3:素材感の活用

家具には天然木を使用するのが英国風インテリアの基本。
アンティーク家具やアンティーク加工が施されたものを選ぶと、英国風の格調高さが演出できます。
また、カーテンやラグ、ファブリックには、厚みのある重厚感を演出できる素材を選ぶことがポイントです。

□英国風インテリアの選び方

イギリス風インテリアを実現するためには、適切な家具、照明、ファブリック、雑貨の選び方が重要です。
それぞれのアイテムが持つ雰囲気を理解し、バランス良く組み合わせることで、英国風の魅力的な空間が完成します。

1:机や椅子の選び方

机や椅子には、濃いブラウンの重厚感あるアイテムを選びましょう。
猫脚家具や彫刻が施されたアイテムは、英国風の雰囲気を一層高めます。
また、モダンなスタイルを好む場合は、淡い色の家具やデザイン家具を選ぶのも良いでしょう。

2:照明の選び方

照明は部屋のムードメーカー。
シェード付きのテーブルランプやシャンデリア、ブラケット照明など、英国風のインテリアにマッチするアイテムを選びましょう。
温かみのある光で、部屋全体をやさしく照らします。

3:カーテンやラグ

カーテンやラグは、部屋の大きな面積を占めるため、その選び方が部屋の雰囲気を大きく左右します。
重厚感ある素材や、落ち着いた色のアイテムを選ぶことで、英国風の雰囲気がより強調されます。

4:雑貨の取り入れ方

雑貨は、部屋のアクセントとして重要な役割を果たします。
アンティークのトランクやフォトフレーム、ユニオンジャック柄のクッションカバーなどを取り入れることで、英国風の空間が完成します。

□まとめ

この記事では、イギリス風インテリアの特徴と、それを実現するための具体的なポイントを紹介しました。
アンティークとモダンの融合、色や柄のある壁、マントルピースや猫足バスタブ、フレーム絵画の飾り方がその特徴です。
部屋作りでは、適切な色、柄、素材の選び方が重要であり、家具や照明、ファブリック、雑貨の選び方も大きな役割を果たします。
これらの要素をバランス良く取り入れることで、あなたの家もイギリス風の洗練された空間に生まれ変わるでしょう。

その他のコラム

部屋をグレーでコーディネート!おしゃれに見せるテクニックとおすすめ配色を紹介

「お部屋の雰囲気をガラリと変えたいけど、どんな色を使えばいいか迷っている…」そんな悩みをお持ちの方へ。 グレーは、無彩色でありながら、様々な表情を持つ奥深い色です。ホテルのような清潔感、洗練さ…

新築インテリアの色の決め方について解説!色の種類や色選びのポイントとは?

新築のマイホーム、夢が叶ってワクワクする反面、インテリア選びで頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。特に、色の組み合わせは部屋の雰囲気を大きく左右するため、理想のお部屋を実現するには慎重に選…

部屋インテリア配置:狭くても広く見える!家具配置術をマスターしよう

限られたスペースを最大限に活用して、快適でおしゃれな部屋を実現したい。そんな願いを持つ方のために、この記事では、部屋のインテリアにおける家具配置術をご紹介します。家具の配置一つで、部屋の印象は大きく…

絵画をリビングに飾ることことでおしゃれに!絵の選び方と飾り方を紹介!

リビングに絵画を飾ると、空間がぐっとおしゃれになりますよね。でも、どんな絵画を選べばいいのか、どこに飾ればいいのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この記事では、インテリアとアートに感度が高…

インテリアコーディネートのご依頼・ ご相談はこちら