コラム

グレーを使って非日常空間に!ホテルライクな寝室にするポイント

2023.08.22

ゆったりとした時間を過ごす寝室は、ホテルライクな落ち着いた雰囲気の部屋にしたいですよね。
カラフルな色を取り入れるのも素敵ですが、最近はグレーを取り入れたホテルライクな寝室が人気です。
本記事では、グレーをおすすめする理由やホテルライクな寝室にするためのポイントについてご紹介します。

 

□ホテルライクな寝室にはグレーがおすすめ!

 

おしゃれでホテルライクな寝室にするために、グレーは非常に使いやすい色です。
ここからは、なぜグレーがホテルライクな寝室におすすめなのか、その理由を解説します。

 

グレー単体で見ると地味でぼんやりとした色のように思えるかもしれませんが、濃淡を変化させるだけで大きく印象を変えられます。
白に近いグレーで明るい雰囲気にできたり、黒に近いグレーでシックな演出ができたりします。
複数の色を組み合わせなくても、さまざまなグレーを組み合わせるだけでホテルライクな寝室をつくれます。

グレーは目立ちにくい色であるからこそ、他の色を引き立てることもできるうえに主役にもなれます。
グレー単体で濃淡をつけて使用することも可能ですが、どんな色にも合わせられるため使い勝手が非常に良い色です。
グレーを使用することで部屋に統一感が生まれ、さらに他の色を組み合わせればシックにもモダンにもできます。

 

また、グレーはどんなインテリアとも調和できる色だといえます。
赤や黄色など存在感のある鮮やかな色をベッドなど大きな家具に取り入れると、全体の雰囲気がその色に大きく影響を受けてしまいます。
一方で、グレーはあまり主張しない色であるため、広い面積を占めても他のものを邪魔する存在とはなりません。
小さなお子様が使用するお部屋には明るいグレーを、夫婦の寝室であれば濃いめのグレーを取り入れて、ホテルライクな雰囲気を演出してみてはいかがでしょうか。
グレーを使用するとリラックス効果も高まり、ホテルライクにはふさわしくない生活感も減らせます。

 

□寝室をホテルライクにするポイント

 

*明度差でメリハリをつける

グレーを基調とした寝室にする場合には、多彩な色合いのグレーを取り入れましょう。
無難な色とも思えるグレーですが、明度差を重ねることによって空間にメリハリが生まれます。

 

*他の色やアイテムをアクセントにする

グレーの寝室にするのであれば、単調な印象になってしまわないように気を付けましょう。
グレーの明度差でメリハリをつけたうえで、さらにアクセントとなる色やインテリアを取り入れるとあか抜けた雰囲気に仕上げられます。

例えば、ブラックスツールやブラックのアートフレームを配置するとマニッシュな要素が加わります。
グレー×ブラックの組み合わせだと暗くなってしまわないか不安な方には、観葉植物などでグリーンを取り入れるのもおすすめです。
また、イエローを組み合わせれば、北欧モダンな雰囲気のカジュアルシックな印象に仕上げられます。

 

*間接照明の光で印象を変える

グレーの寝室は、間接照明によって照らされることで奥深い表情が生まれます。
間接照明はインテリアになるうえに、夜に眠るときに心地良い空間をつくり出してくれるアイテムです。
グレーのように暗い色は、光の反射率が低いため光を吸収する効果が期待できます。

グレーでまとめられた部屋で電球色の光を照らすと、やわらかいグレージュのような色合いにできます。
その一方で、明るい昼白色や昼光色の光を照らすと、光と影のメリハリが際立ってシャープでクールな印象の寝室となります。

 

□ホテルライクさを増す枕on枕のアイデア

 

ホテルのベッドルームでは、よりリラックスできるように複数の枕やクッションが配置されています。
ご自宅でも、枕やクッションの色使いや柄を組み合わせることで、優雅なベッドルームをつくれます。

 

1.同系色で無地とパターン柄をミックス
例えば、アイボリーの無地のクッションとアイボリー×黄味がかった濃いベージュのパターン柄のクッションを組み合わせると統一感が生まれて部屋がまとまります。
また、グレー×ホワイトのストライプ柄、ホワイトにグレーの花の刺繍のクッションを組み合わせると、遊び心がありながら高級感を演出できます。

 

2.反対色で無地とパターン柄をミックス
ホワイト×ダークブルーのパターン柄のクッションと無地のイエローの枕を組み合わせると、アクセントとなっておしゃれです。

 

3.有彩色と無彩色をミックス
ホワイトの無地、ダークブルーの無地、茶色の枕を組み合わせると、落ち着いた印象の寝室となります。
ホワイトの無地、ファー素材のダークブルーのクッション、ホワイト×グレーのパターン柄の枕を組み合わせれば、ゴージャスで高級感のある素敵な寝室となるためおすすめです。

 

□まとめ

 

グレーは目立ちにくい色であり、他の色を引き立てることもできるうえに、主役にもなれる色といえます。
また、どんなインテリアとも調和できる色であるため、目指したい部屋の雰囲気に合わせて取り入れましょう。
ご紹介したポイントを押さえて、ホテルライクな寝室をつくってみてはいかがでしょうか。

その他のコラム

部屋をグレーでコーディネート!おしゃれに見せるテクニックとおすすめ配色を紹介

「お部屋の雰囲気をガラリと変えたいけど、どんな色を使えばいいか迷っている…」そんな悩みをお持ちの方へ。 グレーは、無彩色でありながら、様々な表情を持つ奥深い色です。ホテルのような清潔感、洗練さ…

新築インテリアの色の決め方について解説!色の種類や色選びのポイントとは?

新築のマイホーム、夢が叶ってワクワクする反面、インテリア選びで頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。特に、色の組み合わせは部屋の雰囲気を大きく左右するため、理想のお部屋を実現するには慎重に選…

部屋インテリア配置:狭くても広く見える!家具配置術をマスターしよう

限られたスペースを最大限に活用して、快適でおしゃれな部屋を実現したい。そんな願いを持つ方のために、この記事では、部屋のインテリアにおける家具配置術をご紹介します。家具の配置一つで、部屋の印象は大きく…

絵画をリビングに飾ることことでおしゃれに!絵の選び方と飾り方を紹介!

リビングに絵画を飾ると、空間がぐっとおしゃれになりますよね。でも、どんな絵画を選べばいいのか、どこに飾ればいいのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この記事では、インテリアとアートに感度が高…

インテリアコーディネートのご依頼・ ご相談はこちら