コラム

おしゃれな空間を作りたい!おしゃれなインテリアに仕上げるコツとは?

2023.07.17

おしゃれなインテリアを取り入れておしゃれな部屋を楽しみたいという方は少なくないはず。
家は長い時間を過ごす場所なのですから、おしゃれな空間で快適な生活を送りたいと思うのは当然です。

しかし、何も知識がない状態でおしゃれなインテリアを作ることは非常に難しいです。
そこで本記事では、おしゃれなインテリアを作る際のコツやアイテムなどを紹介します。
インテリアお悩みの方はぜひ参考にしてください。

□おしゃれなインテリアに仕上げるコツとは?

まずはおしゃれなインテリアに仕上げるコツを知っておきましょう。

1.インテリアのテイストを統一する

おしゃれな部屋というものは、インテリアのテイストが統一されているものです。
インテリアが統一されていることで、部屋に統一感を出した調和した雰囲気を演出できます。

2.色の取り入れ方を工夫する

おしゃれな部屋を作るには、配色にも注意が必要です。
配色の際には、基本的に色をベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーの3つに絞りましょう。
この3つのカラーは、順に70%、25%、5%という割合がおすすめで、この配色の割合を配色黄金比と呼ぶこともあります。

・ベースカラー
ベースカラーは基本的に、部屋の基調となる部分である、床や壁、天井などの部分に取り入れるのがおすすめです。
インテリアの印象を大きく左右する色なので、慎重に選びましょう。

・アソートカラー
アソートカラーは、家具やカーテンなど大きな部分を占めるものに使用するとバランスが良くなりやすいです。

・アクセントカラー
アクセントカラーは、その名の通り、インテリアのアクセントとなるカラーです。
そのため、無難な白やベージュなどではない色を取り入れてみると、個性が出ておしゃれな印象になりますよ。

3.収納方法を工夫する

おしゃれな部屋にするには、収納を工夫することも重要です。
どのように工夫すれば良いかというと、「見せない収納」と「見せる収納」を使い分けることです。

「見せない収納」とは収納といえば思いつくような、目につかない場所に収納する収納方法です。
見せない収納を増やすことで部屋が片付きすっきりとした印象になるでしょう。

一方で「見せる収納」とは、必要なアイテムがすぐに見つけられるような収納方法です。
例を挙げるならば、雑貨やアクセサリーを透明な棚に置いておくような収納があります。
完全に目につかない場所に収納するのではなく、ある程度見える場所に置いておくことで、おしゃれなアクセントとなるでしょう。

4.アクセントとなるアイテムを取り入れる

小物やおしゃれなアイテムを取り入れると、部屋のアクセントとなりおしゃれな印象になる場合があります。
観葉植物やアートなどを部屋に飾ることで、寂しかった空間が一気に華やかになりますよ。

□インテリアのテイストとは?

先ほど「インテリアテイストを揃えることがおしゃれな部屋には重要である」と紹介しましたが、おしゃれなテイストはさまざまあるので紹介していきます。

1.ブルックリンスタイル

ブルックリンスタイルは、アメリカのニューヨーク州にあるブルックリンという地域が発祥とされているインテリアスタイルです。
ブルックリンはもともと工場や倉庫などが立ち並んでいる工業が盛んな街でした。
そこに住み始めた若者たちが、レンガ造りの倉庫などをリノベーションして住み始めたことがブルックリンスタイルの始まりとされています。
そのため、もともとあった倉庫や工場が容易に想像できるような無骨なデザインがブルックリンスタイルの特徴で、無機質な雰囲気が漂います。

2.ホテルライクインテリア

ホテルライクインテリアはホテルに来たような非日常感を味わえるインテリアスタイルです。
収納を上手く活用して、最低限のものしか出さない、生活感のないことが特徴で、上品な雰囲気を味わえるでしょう。

3.和モダン

和モダンとは、昔ながらの和室の雰囲気とシンプルな印象のモダンを組み合わせたテイストです。
洋室には、和風の家具を、和室には洋風の家具を配置することが多く、和で洋でもないようなインテリアになります。

□おしゃれなインテリアに欠かせないアイテムとは?

おしゃれなインテリアを作るためにはアイテムでおしゃれさをプラスしたいものです。
以下のようなアイテムは、おしゃれなインテリアには不可欠とも言えるほどおしゃれな部屋には置いてあるものなので、ぜひ取り入れてみてください。

1.ルームフレグランス

近年のルームフレグランスはおしゃれなものが多く販売されており、インテリアのアクセントになるものばかりです。
また、見た目だけではなく香りの面でも快適な空間になるため、ルームフレグランスを取り入れて損はありません。

2.間接照明

間接照明は、一般的な照明と違って部屋全体を明るくすることはなく、部屋の一部を照らします。
そのため、ムーディな演出ができたり、リラックスするために使えたりと、機能面でも良いものです。

□まとめ

おしゃれな部屋を作るには、インテリアテイストを決めたり、配色に気を遣ったりすることが重要です。
また、インテリアテイストは今回紹介したものだけではなく、さまざまなものがあるので自分好みのテイストを探してみましょう。
さらに、おしゃれさをアップする方法としてルームフレグランスや間接照明の採用があります。
これらを実践しておしゃれで快適な部屋を作りましょう。

その他のコラム

インテリアで紫を取り入れる秘訣:ラグジュアリーな空間の作り方

紫のインテリアデザインは、その独特の魅力で多くの人を魅了しています。 ラグジュアリーでエレガントな空間を演出したいと考える方々にとって、紫は特別な色です。 この記事では、紫を用いたインテリ…

一人暮らしのインテリアコーディネート:自分だけのおしゃれ空間を作る秘訣

自己表現を重視し、快適かつ個性的な空間を求める若い一人暮らしの居住者に向けて、インテリアの魅力と可能性を広げるためのガイドをお届けします。 限られた空間を最大限に活用し、自分らしいスタイルでイ…

チークの床で創る話題のおしゃれ空間:コーディネート術とインテリア選びのポイント!

インテリアにこだわり、おしゃれな空間作りを求める人向けに、チークの床を活かしたインテリアのコーディネート方法についてお話しします。 チークの床は、その耐久性と美しさで知られ、リビングや寝室など…

理想を形に!注文住宅のインテリア選びのためのステップとコツ

新築注文住宅において、最も個性が光るのはインテリアの選択です。 自宅という特別な空間を、どのように装飾し、どのように機能的にするかは、住む人の個性や創造性を映し出す大事な決断です。 今回は…

制作のご相談やご依頼はこちら

一流のインテリアコーディネーターが、
44,000円からコーディネートを受け持ちます。