ブログ

どのマットレス使ってますか?

2020.05.29

 

 

いつもお世話になっております。

スピカの碇です。

 

 

 

突然ですが

みなさんは 布団派ですか? ベッド派ですか?

最近は寝心地のよさからもベッド派の方が多いかと思われます。

 

そこで今回は

寝心地を左右する「マットレス」についてお話できればと思います。

ベッド専門店の高いマットレスや

ニトリさんのような比較的安価なマットレスなど

選択肢は沢山ありますが

 

上質な睡眠をとるためにも

自分にあったマットレスを選ぶことが重要です。

 

 

マットレスの種類

 

 

Ⅰ. ポケットコイルマットレス

 

一つのスプリングを小さな袋に入れ

マットレス全体に敷き詰めたものです。

コイル1つ1つが独立し、身体を「」で支えるため

身体にフィットする柔らかめのものになっています。

 

 

 メリット

  ・身体にフィットし柔らかな寝心地

  ・横揺れしにくいため、2人以上の使用でも気になりにくい

  ・コイル1つ1つが身体とマットレスの隙間を埋めるため

   体圧分散に優れている(背中がS字の状態=理想的な寝る姿勢)

  ・軋み音が少ない

 

 

 デメリット

  ・ボンネルコイルと比較し、価格が高い

  ・通気性が悪い

  ・耐久性が低い

  ・沈み込みが大きい

 

 

 

 

Ⅱ. ボンネルコイルマットレス

 

それぞれのスプリング同士を連結させ

一つの土台になっているマットレスです。

コイル全体が身体を「」で支えているため

緩やかに沈む特徴があり、寝心地は硬めです。

 

 

 メリット

  ・硬めのため、寝返りが打ちやすい

  ・ポケットコイルと比べ、値段が安い

  ・通気性がよい

  ・耐久性が高い

 

 

 デメリット

  ・横揺れが激しいため、2人以上の使用には不向き

  ・マットレスと体の隙間が空くため、体圧分散に劣っている

  ・軋み音が多い

 

 

 

 

Ⅲ. 高密度スプリングマットレス

 

体型や寝る姿勢を考えて、つくられたマットレスです。

1本の鋼線を編み、つくられており

身体を「」で支えるため

部分的な落ち込みがなく、理想的な寝る姿勢を維持します。

 

 

 メリット

  ・通気性がよい

  ・断熱性があり、冬でも暖かい

  ・耐久性が高い

  ・横揺れが少ない

  ・体圧分散が優れている

 

 

 デメリット

  ・どのマットレスよりも価格が高い

 

 

 

マットレスについてまとめてみましたが

いかがでしたでしょうか。

 

マットレスにより様々な特徴はありますが

結局のところ

使われる方に合っているかが大切になるものです。

 

マットレスの購入の際は

ぜひ一度体感してから

お決めになることをオススメします。

 

 

 

本日は以上になります。

 

次回もよろしくお願い致します。

制作のご相談やご依頼はこちら

一流のインテリアコーディネーターが、
44,000円からコーディネートを受け持ちます。