-

これは押さえよう!インテリアイメージのスタイルポイントをご紹介!

「模様替えをしたいけど、どのような方法が他にあるのか、何を参考にすればいいのかわからない…」
このような悩みを持ったことはありませんか?
模様替えをしたいと考えているけど、どのようなデザインがあるのかわからないという方には、今回の内容は必見です。
インテリアイメージを決めるときのポイントと男女別のスタイルを、ご紹介いたします。

▢インテリアイメージを決めるポイント

インテリアを決めるには、大雑把にではなく、明確なイメージが必要です。
そのために、次の4つの要素を押さえましょう。

*素材

自然なのか人工なのか、または硬さといったように素材には様々な種類があります。
その種類によって、部屋のイメージも決まってしまいます。
自然的なものでは、木や皮が挙げられます。
人工的なものでは、鉄やステンレスといったものが挙げられます。
このように最初は、素材に何を使うのかを定めるようにしましょう。

*質感

質感も、インテリアのイメージに大きくかかわります。
サラサラまたはザラザラといったような質感は、人が受ける印象に影響するからです。
それは、塗装にもかかわります。
好みの素材を優先してあ質感を忘れやすくなってしまいますが、質感もイメージを左右してしまうことに注意しましょう。

*形

部屋のイメージを決めるときは、フォルムといった「形」にも気を付けましょう。
特に、照明器具のラインには注目です。
これも、人への印象を左右するからです。
フィルムやラインで、柔らかい印象や硬い印象を与えることもあります。
自分好みの器具を先しすぎず、部屋の印象に合ったものを選びましょう。

*色

色の場合は、「色み」だけではなく、「鮮やかさ」にも注意が必要です。
赤のなかにも、明るい赤や暗い赤があります。
また、ほかの色との配色も考慮しなければなりません。
好きな色ばかり並べないようにしましょう。

▢男女別のスタイル

ここでは、4つの要素だけではなく男女別で押さえるべきポイントをご紹介していきます。

まず、男性は、「無骨」や「シャープ」といったイメージがあります。
よって、男性は曲線ではなく直線を使うように意識してみてはいかがでしょうか。
例として、「西海岸スタイル」が挙げられるので、参考にしてみてください。

次は、女性です。
女性は、「曲線的」や「優しい雰囲気」といったイメージが強いです。
スタイルは、ロマンティックやエレガントといったものが挙げられるでしょう。
また、可愛さを重視する場合は「ガーリー」、上品さを重視する場合は「フェミニン」のスタイルがおすすめです。

▢おわり

インテリアのスタイルは、自分好みのものを揃えて表現できることが利点です。
しかし、それを重視してばかりでは最悪な場合、相手に悪い印象を与えてしまいます。
スタイル決めは、たくさん思考を練って進めることが大切です。

失敗したくない、慎重に選びたいという方は、ぜひ当店までお問い合わせください。
まごころを持って無料相談を受け付けています。

ダウンロード