-

インテリア用語である「カントリースタイル」について徹底解説!

インテリアには様々なスタイルがあります。
その中で自分好みのスタイルを見つけ、それを自分の部屋で再現することはインテリアの醍醐味であるといっても過言ではないでしょう。
様々なインテリアのスタイルの中の一つである「カントリースタイル」は、現在日本でも非常に人気が高いです。
そこで、今回はそのカントリースタイルについてご紹介します。

 

□カントリースタイルとは

イギリス、カナダ、アメリカなどの英語圏を中心にした田舎での、素朴でのどかな暮らしの様式をアレンジしたカントリー調のスタイルを指します。
木材を多く使用しているので、木の材質をそのまま感じることができる仕上がりになっています。
カントリースタイルと一口に言ってもさらに様々なスタイルに分類することができます。
ここではそのうちの主な4つのスタイルをご紹介します。

 

*アメリカンカントリー

カントリースタイルの中でも特に人気な様式です。
家具は開拓時代に建材として使用されていたパイン材でつくられています。
家具については、実用的で機能性を重視しており、余分な装飾が無いという特徴を持ちます。
このような家具とともに手作り風の雑貨なども揃えると、さらにアメリカンカントリー風の部屋に近づくでしょう。

 

*ブリティッシュカントリー

石造りの家や素朴でシンプルな木の家具が特徴で、イギリスの田舎の庶民の暮らしがベースです。
10年ほど前まではこの家具の原材料にはオーク、チーク、ウォルナットなど伝統的で格調高い素材が使用されていました。
しかし、現在ではインテリア用材木にはパイン材が使われています。
ただしテーブルなどには、より硬いチェストナット材が使用さることもあります。
アメリカンカントリーと比較すると暗めの色で、高級感があります。
このスタイルの家具には表面に塗装を施さないことも多いです。

 

*フレンチカントリー

こちらのスタイルは、特に女性に人気です。
カラーは白が多く、ロマンティックなイメージがあるのが特徴的です。
ピンクなど甘い色合いのカーテンや小物を置くことでさらに雰囲気が出ます。

 

ここまでご説明したように、どのカントリースタイルでも木製家具を基本にしていることは共通しています。
しかし、その中でも原料や国などによって全く違った雰囲気を演出できます。
カントリースタイルは雑貨などの小物で手軽に取り入れられます。
少しでも興味がわいた人や「こんな部屋に住みたい」と思った人は、まずは雑貨から集めてみてはいかがでしょうか。

まごころを持って無料相談を受け付けています。

お問い合わせはLINE@からも受け付けています。
ダウンロード