-

クモの糸

スピカ1号です。
一難去ってまた一難と、仕事上いろいろとトラブルがある中、
世の中何が起ころうとビールは美味しいもので…(^^)

ということで昨夜もスピカ2号と問題解決についてメールで会話しつつ、
キンキン冷え冷えの缶ビールを飲みながら、なにげにつけっぱなしのテレビを眺めていたところ…。

「クモの糸」繊維を開発した若い社長がクローズアップされました。
「スパイバー」だっけ。スパイダーとファイバーを掛け合わせたネーミングだとかなんとか。

詳しいことは聞き取れず、難しいことウンチクはわかりませんが、
(なんせスタッフの真剣なメールに真剣にレスしていたわけなので)
簡単に言うとクモの糸から繊維を作ったということで、
この研究は兼ねてから全世界で行われいたにもかかわらず、NASAでさえ成功しえなかった研究だとか。
それを平成7年に起業した若い日本人社長が成し遂げたという。すごい。すごすぎる。

酔っぱらっていて、これまた内容は忘れてしまったけれど、
インタビューでは環境問題や東北の被災地復興に大きく貢献する開発で、
ずっと夢だったと爽やかに語っていました。
すごい。若いのにすごい。久しぶりに聡明な人間を目の当たりにした気分です。

さらに、何がすごいって、クモの糸って数本をねじっただけでパソコンを吊るせるらしい。
そして、直径1cm束ねたひも状にすると、なんと、たったそれ1本でジャンボジェットが持ち上げられるらしい。
ほんまかいな。そこまで行くと想像を絶し、嘘でもホントでも関係なくビックリです。
久しぶりに心底おどろき、心底感動した夜でした。